佐渡産の竹には、無限の可能性が秘められていた!

アヒル隊長、またしても素敵なものを見つけてしまいました
それは、佐渡の竹を使って作られた、お箸(はし)
これを作ったのは、その名も
エンリケ・カルロスさん!!
佐渡の竹をこよなく愛する、熱きブラジル人でございます

IMG_7167 のコピー

佐渡の竹で竹細工を作るエンリケさん

このお箸は全部、エンリケさんの手作りの品。その竹の形に合わせて作られたお箸なので、もちろん一個いっこ、形が違います。
アヒル隊長は今回、マイ箸をゲットするため、エンリケさんにお願いをしたのです。

竹のお箸

自分のお箸を選ぶよ!

エンリケさんから、竹やお箸を作る過程のお話しを聞きながら、自分にぴったりのお箸を選んでいきます。
ごつごつした節のお箸、しゅっとスッキリした小ぶりのお箸、全部違うので、触って握ってみてしっくりくるものを選ぶのは、とても楽しい作業。

IMG_7164

スプーンも作ってもらったよ!

今回、アヒル隊長は特別にお願いして、スプーンも作ってもらいました。
スプーンは竹製ではありませんが、とても素晴らしい出来。
ものによっては、いぶされていて、お箸がスモーキーな良い匂いを放っています。

専用のカバー付き

専用のカバーも手作りだよ!

エンリケさんが削り出して形にしたお箸は、佐渡のうるし職人に渡さます。
そこで、うるしを8回も塗りを重ねています。これだけでも、すごい時間と労力。
アヒル隊長は、無事に自分のお箸とスプーンを手に入れることができました。

使ってみて二週間経ちますが、すごくいい!大満足!
自分だけの素敵なお箸を持っていると、ゴハンの時間が待ち遠しくなりました。
そして、大事なお箸を使って食べることで、ゴハンも今までより大事に食べるようになりましたよ!

と、ここまでご紹介しておいて、心苦しいのですが、
残念ながら、このお箸は、新穂潟上温泉ではお取り扱いできないのです。
エンリケさんから、直にお買いいただける品なのです。

超かっこいい杖

超かっこいい杖

他にもこんな素敵な杖も見せて頂きました。すっごいカッコイイ!

杖のアップ。美しい!

杖のアップ。美しい!

実際見ると、もっとすごいです。艶も竹の形も何もかもがかっこいい。
でもこちらも売り物ではないのです。なぜかというと、まず、この元となる美しい竹を探すところから始まるのですが、これがとても難しい。佐渡の竹は良いものですが、管理されていない荒れた竹林ではだめなのです。
良い竹を見つけたら、それから磨いたり、削ったりの作業がはじまります。
なかなか時間がかかります。一朝一夕に出来上がりはしないのです。

マジック ワンド

マジック ワンド

こんなものもあるよ。魔法の杖!欲しい!
温泉での直販売は出来ないのですが、今度、新穂潟上温泉に、エンリケさんをお呼びして、
皆さんに直に選んで買える機会をご用意したいな~と考えております。

その時はぜひ、新穂潟上温泉に遊びにきてくださいね!

Posted by | View Post | View Group

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です