温泉で、不調改善!リラクゼーション気功

新穂潟上温泉リラクゼーション気功

2016.10.18
講師: 渡嘉敷 有
場所: 新穂潟上温泉

秋に弱りやすいのは、肺!

中国の五行では
各臓器と色の対応する色と季節があります

辛味 肺 秋
酸味 肝臓 春
苦味 心臓 夏
甘味 脾臓 土用
塩辛味 腎臓 冬

秋に弱りやすいのは、肺!
肺の色は、白色
自分の肺に心を向けたときに、自分の肺は、まっ白だろうか?
茶色? それとも灰色? 瑞々しいか?

もし、灰色だったり、枯れていたりするならば
イメージで真っ白にもっていく

体を変えていくときは
まず、自分がどういう状態であるかを把握して
そこから変化させていくと、より変化しやすい

肺の広がっている面積は、思っているよりも大きい 肺のすみずみまで、空気を入れるよう呼吸する

映像と色を使った調整方法

鼻からゆっくり呼吸して、意識を広げていく
呼吸していて詰まる場所を感じたり、固まっている部分があったら
やさ〜しく、吐く息とともに、ゆるめていいく
自分の肺の状態が、たとえば灰色だなと感じたら、真っ白なイメージに変えていく
枯れていると感じたら、イメージで、瑞々しく変えていく
自分の持つイメージで、体の状態は変化する

気の通りを感じてみる

体を鎖骨から手の先まで、ゆ〜っくりなでてみて、通りが良いかどうか詰まった感じがしないかどうか感じてみる
それを 左右で比べてみる

詰まっている感じの場所を、イメージで光を通して流れを良くする
すると体は変化する

経絡にそって、体をなでながら、詰まった感じがしないかどうか感じてみる

深呼吸をすると、体がこわばって、深く息を吸えない
吸うというのは、受けいれるということ
外に対して緊張したり、ブロックがあると、呼吸がそこで止まる
自分が受け入れられる分しか、ゆるんでないから、制限のある所までの呼吸しかできない
詰まるところ、こわばる所を、やさ〜しく、ゆ〜っくり緩めていく
深い呼吸ができるように、きれいにして、整えていく

ブロックのある場所をゆるめようとするので、抵抗が出て、咳が出たりすることもある

風邪をひきにくくなる

イメージで、肺をゆるめて、真っ白にしていくと
風邪をひきにくくなる
慣れてくると、1分でできるようになる

おさらい

経絡をなでる
ツボを揉む
イメージで肺の状態を変えていく

リラクゼーションの基本的なやり方

体を触る(エネルギーの流れを感じながら)
体を触ると、ねじりたくなったり、伸ばしてみたくなったり、曲げたり、色々な反応が出てくるので、それに任せる
揉む
イメージで不調の場所の状態を変える

痛みというのは、痛むその場所だけの問題ではない

他のところも関連してバランスを崩しているので、全体のバランスを整えないといけない
痛いところに意識を当てると、他の場所も動かしたくなってくる
そうやって、全体のバランスを整えていくと、痛む部分や固まっている部分も治ってくる

横になってのリラクゼーション方法

寝っ転がって、体をゆっくり揺する
ハリや体のこわばりを感じる
息を意識的にゆっくり吸う
吐くのは自然に任せる
それを繰り返して、氷が水になって溶けてなくなるイメージで力を抜いていく

揺らして、呼吸して、緩めるを繰り返して、溶けてなくなる〜(*´ο`*)
息を吐くごとに、ゆるむ〜( ̄△ ̄)
無防備な赤ちゃんくらいまで、ゆるめる〜ヽ( ~д~)ノ

体が水のように溶けてなくなるくらい、力を抜いてリラ〜ックス

今回も内容の濃い1時間でした!
これで体の不調改善、免疫力UP!
新穂潟上温泉で リラクゼーション気功でした!

保存

保存

保存

Posted by | View Post | View Group

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です